更新情報

ゲーム紹介

このゲームの目的は、農村での「草刈り」の大切さをお伝えすることです。いわゆる「緑」に対する感覚は、都市と農村で大きく異なります。農村の場合、雑草・雑木は「守るもの」ではなく、「積極的に除去するもの」です。草刈りができなくなると、農村は「やぶ」や「管理状態のわるい雑木林」におおわれ、田畑も失われます。「やぶ」や「雑木林」を通って、収量を低下させる病害虫や、農作物を食い荒らす野生動物が侵入することもあります。草刈りは、農村の環境維持の要(かなめ)といっても過言ではありません。

プレーヤーの腕は、原則、田畑からの収入で評価されます。田畑の能力を維持するため、その周辺の雑草・雑木を徹底的に除去してください。ゲーム上ではタップするだけで、それらが除去されます。具体的な計算方法、操作方法、「どうなるとゲームオーバーになるのか」については、「ルール」をお読みください。
≫ ルール説明はこちら

草刈りのやりかたひとつで、生物多様性や下流の洪水を緩和する機能も大きく変わってきます。厳密なものではありませんが、このゲームでは、生物多様性や洪水緩和機能も評価されます。詳しくは、「参考得点の解説」をお読みください(最終スコアのページから、そこに向かうことかできます)。ある程度、ゲームになれたら、生物多様性や洪水緩和機能に配慮した「草刈り」を目指してください。

山間地に注目すると、担い手不足はかなり深刻です。このままでは、多くの集落が「やぶ」や「雑木林」に飲み込まれるでしょう。わたしたちは、いったいどうすればよいのでしょうか。このゲームが、みなさんの議論のきっかけとなることを切に祈っています。ただし、これからやるべきことのヒントについては、このゲームではなく、別のゲームでお伝えしたいと思います。

ルール/スコア

ルール説明

シムルーラルは「モグラたたき」によく似たゲームです。地面から草木が生えてくるので、それをタップしてください。それにより、草木が除去されます。田畑が雑木林に囲まれると、その田畑は完全に放棄されます。ゲーム1の場合はすべての田畑が、ゲーム2の場合は2つの田畑が放棄されるとゲームオーバーです。

このゲームでは、草刈り機とチェーンソーが使用できます。「長い草」「やぶ」は草刈り機で除去できますが(「短い草」に変化します)、「雑木林」の場合は、チェーンソーが必要になります。適切な道具が選択された状態で(手前の道具名をタップするだけです)、目標物をタップしてください。「長い草」なら1回で除去できます。ただし、草木が成長すると、必要なタップの回数も増えます。

田畑からの収入がスコアになります。田畑の周りに「やぶ」や「雑木林」があると収入(スコア)が減少します。スコアの詳しい計算方法は「スコアの計算方法」をご覧ください。

【Tips1】やぶや雑木林があると、収入が減少する理由

やぶや雑木林から、病害虫や、農作物を食い荒らす野生動物が侵入する可能性を考慮しているからです。ただし、現実は、これほど単純ではありません。

【Tips2】実際の農村と異なるところ

(1)ゲームでは、ランダムに草が成長しますが、実際には、ほぼ一斉に成長します。
(2)ゲームでは、短期間で、やぶから雑木林に成長しますが、実際には、非常に長い時間がかかります。

スコアの計算方法

スコアは田畑からの収入で、ターン終了時に加算されます(ゲーム2に限り、終了時にも加算されます)。ゲーム1の場合は、1ステージで1ターン。ゲーム2の場合は、30秒で1ターンです。田畑が「雑木林」に囲われず放棄されていない場合、その田畑から収入を得ることができます。1つの田畑からの基本的な収入は1ターンあたり1,000点です。ただし、周囲に「やぶ」「雑木林」があると、ひとつにつき100点減らされます。たとえば、周囲4区画が「短い草」、残り4区画が「やぶ」の場合(下図)、そこからの収入は1ターンあたり600点(=1,000点-100点×「やぶ」4区画)になります。

またこのゲームでは、田畑からの収入にもとづくスコアの他に、別の視点にもとづく得点でもお楽しみいただけます。それが「生物多様性得点」と「洪水緩和機能得点」です。

【生物多様性得点】

雑木林だけ、草地だけといった単一の植生よりも、多種多様な植生で構成された場所のほうが、生物多様性が高いという意見があります。このゲームでは、そのような意見を参考に、植生が多様であるほど、生物多様性も高いとみなしています。ゲーム的には、「田畑」と「短い草」だけの状態が理想ですが、生物多様性得点を伸ばすなら、いろいろな植生が混ざっているほうが有利です。

以下、専門的な説明を含みます。

生物多様性得点は、ターン終了時の得点の合計です(ゲーム終了時にも加算されます)。ターン終了時の得点は、つぎの方法で求めます。(1)植生について、Simpsonの多様度指数 D を計算します。(2)計算された D を100倍します。なお、100倍という数字に深い意味はありません。ゲーム的な盛り上がりを考慮した処理です。

【洪水緩和機能得点】

上流の植生は、下流の川の流れを大きく左右するといわれています。このゲームでは、下流の洪水を緩和する能力を評価しています。ゲーム的には不利ですが、洪水の緩和ということであれば、草木が多いほうが有利です。

以下、専門的な説明を含みます。

洪水緩和機能得点は、ターン終了時の得点の合計です(ゲーム終了時にも加算されます)。ターン終了時の得点は、つぎの方法で求めます。(1)画面全体の代表的流出係数 α、すなわち「植生別の流出係数の、面積の構成比(%)を重みとした加重平均」を求めます。(2)1から α を引き,100倍します。なお,100倍という数字に深い意味はありません。ゲーム的な盛り上がりを考慮した処理です。

ゲーム中の植生別の流出係数(ラショナル式)はつぎのとおりです。
(1)田畑、短い草、長い草:浸透能普通母材・斜面・草地とみなし、0.65 としました。
(2)雑木林:浸透能普通母材・斜面・森林とみなし、0.45 としました。
(3)やぶ:(1)と(2)の中間と考え、0.55 としました。
流出係数の出典:山口伊左夫『治山設計』農林出版、1979

お問い合わせ

このゲームアプリ「Simrural 〜草刈り編〜」制作にあたり、「東京大学ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム(東京大学GCL)」の支援をうけております。